ハゲと自覚したらミノキシジル

ハゲと認めるのは悪いことではありません!認めるからこそ対策できるのです。ハゲを自覚して自身がどの程度のハゲなのかを調べてしっかりとミノキシジルを使用しハゲを改善させていきましょう。ハゲ=ミノキシジルです!

ハゲと認めてミノキシジル

抜け毛の量が増え、鏡を見るたびに髪の毛のボリュームが減っていくのを感じていても、なかなかその状態がハゲとは認められない人が多くいます。
そのため友人や同僚にからかわれると、本気で怒ったり、頑なに否定する人もありますが、現実から目をそらしていても何も解決しないどころか、どんどん進行していき、取り返しがつかなくなることもあるので注意するようにしてください。
毛根から産毛すら生えないような状態になったら終わりですから、そうなる前に、潔く自分がハゲであることを認めて、早めに対策を練るようにしましょう。
今は全国に多数のAGA専門病院があるので、薄毛に悩んでいる方はそちらへ行けば、育毛に関するさまざまなアドバイスをもらえますし、薬を処方してくれたり、注射による治療を行ってくれます。
多くの病院は、ミノキシジルを使って治療を行いますが、外用薬と内服薬があり、肌の弱い人には内服薬が処方されます。
ローションタイプのミノキシジルを頭皮に塗ると、敏感肌の人の場合はかぶれることがあるので、そのような人は内服薬を飲むことを勧められるでしょう。
ただし内服薬には、多毛症や血圧低下、むくみ、倦怠感、性欲減退、吐き気などの副作用が起こる場合があるので、気を付けましょう。
ミノキシジルはAGA専門病院で処方してもらった方が安全ですが、病院が近くにない人の場合は、通販を利用する方が便利なので、個人輸入代行通販から購入する方も少なくありません。
中には激安価格で販売しているところもあるので、購入するときは出来るだけ信頼性の高いサイトを選ぶことが大切です。
もし副作用が出たら、すぐに使用を中断し、なかなか回復しなかった場合は、病院で診てもらうようにしてください。
■AGA治療薬をお求めなら
ミノキシジル配合のAGA治療薬一覧